息子11ヶ月

am500_pe01911ヶ月になる息子、この前生まれたばかりだと思っていたらあっという間に月日がたってしまいました。
夜泣きもなく、人見知りもあまりしないのでほんとに育てやすいのですが、唯一困っているのが食欲。
ミルクだけのときはそこまでではなかったのですが、離乳食が始まるとその食欲に困り果てています。
とにかくよく食べる。だいたいの目安量をネットなどで調べるのですが、その量では全く足りません。
ご飯を作り始める音を覚えてしまったようで、冷蔵庫を開けると猛突進してきて、おお泣き開始。
調理中もずっとないています。栄養バランスが偏らないように、同じものばかりではなく色々なものを食べさせたい。
と思っているのですが、調理を待っていられないので、結局冷凍保存してあるストックで電子レンジ解凍するだけの料理なので
ほぼほぼ同じメニューになってしまいます。
焼いたりしていると、調理時間も待っていられないですし、冷めるまで待てないのでやけどの恐れがあるのです。
ご飯を食べ終わった後も大変。毎回毎回「まだ食べる」とだだをこね、まるでご飯をもらっていない人のように泣き叫ぶのです。
外食をしたときなどは、ご飯が終わった後の泣き声に冷たい視線を浴びることが多々あります。
幼児になったら少しはかわるのかしら?と心配です。

宮沢賢治を読んで

内容
「空を飛ぶ事ができたらな」
銀河鉄道の夜・注文の多い料理店などを描いた東北の童話作家
夢のような出来事をメルヘンチックに描いた一冊の本

感想
家はお金持ちの家、しかし賢治は・・・・

「目の前に困ってる人がいるのに、金儲けの事なんて僕は考えられません!」

この一言を金儲けだけ考えている親に向かって一言いったのが「宮沢賢治」です。

今では、ドラえもん・ガンダム・エバンゲリオンなどが当たり前のように漫画・アニメとされています。

(その他にも、宇宙戦艦ヤマト・ワンピースなどが沢山の漫画あります。)

そして・・・・

・日本で一番初めにロボット漫画などを描いたのは藤子不二雄が有名
・空飛ぶロボットといえば手塚治虫の鉄腕アトムが有名です。
・長寿漫画で続いてるといえば、やなせたかしのアンパンマンも有名です。

でも、この話を読んでみると、一番始めに「空飛ぶ電車」「人間が電車で宇宙旅行」というメルヘンチックな物を思いついたのは宮沢賢治なのではないでしょうか?
(私も一度は空飛ぶ電車・舟なんてあったら乗ってみたいものです)
私はそんな感じがしました。

こんな人にオススメです
銀河鉄道999
メルヘンチックな話が好き
電車に空を飛ぶ旅などがしたい
童話ななら全部読む
本は全部すきです