組織をまとめることについて

私は、昨年大学を卒業して、司法書士の予備校に通っている。そこで先生から飲み会の幹事をやってくれと言われた。私は引き受けて、人生初めて飲み会の幹事をすることになった。これを経験するうちに喜びと大変さを味わうことになった。やっていて良かったことは、クラスの人と話す機会が増えて、自分が纏めることによって感謝してもらえることである。その反面、やっていて辛かったことがある。2回目の飲み会を企画しようとした時、半分ぐらいの人から全く返事をくれなかったことである。

これをやっている最中に思ったことがある。組織を上手く纏めていき、利益を永続的に出せば会社ってできるんじゃないか。そう思い始めた。私は組織(クラスの人)を纏めていくうちに、会社の運営って楽しそうだなぁと思えるようになった。この試験がダメだったら会社を経営したいと考えるようになった。人を纏める力があり、利益を出すシステムを構築すれば経営者にふさわしい人だと考えるようになった。

人生で飲み会の幹事をすることはあまりないかもしれない。これをしていなかったら、このアイデアは思い付くことはなかったと思う。先生から言われることは運というか不思議な運命のように感じる。私は近い将来人を纏めるリーダーとして、社会に貢献しているだろう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です